サービス・報酬額

ひかり行政書士法人の帰化申請サポートの料金表です。

令和3年4月1日より、税込表示の義務化に合わせて料金を改定しています。

特別永住者の方(在日韓国人の方など)

在留資格「特別永住者」で日本で暮らしておられる方の料金表となります。

以下の報酬額は、書類の作成、公文書の収集費用、翻訳費用、交通費、通信費などの全ての経費を含んだものとなっています。

特別永住者 報酬額
会社員(サラリーマン)世帯の方 120,000円(税込132,000円)~
個人事業主・会社役員世帯の方  140,000円(税込154,000円)~
  1. 同居人や同居人申請者の人数、経営する会社の数などの状況により報酬額に加算がつく場合があります。
  2. 証明書や除籍謄本の翻訳にかかる費用や各行政庁の証明書取得などの実費も含めての報酬額となります。
  3. 韓国語、中国語、英語の翻訳は当事務所で行います。
  4. 京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県からのご依頼の場合は交通費は原則として不要です。
    ただし、遠方の申請の場合には事前にご相談させていただく場合があります。

事務所によっては翻訳手数料や事務手数料、通信費、交通費、日当などの費用を別途請求する所もあるようですが、当事務所では報酬額以外をご請求することは一切ありませんのでご安心ください。

▲詳しくは上の画像をクリックください。

特別永住者以外の方(永住、家族滞在、日本人の配偶者等、技術・人文知識・国際業務など)

永住や就労ビザなどの特別永住者以外の在留資格で日本に居住されておられる方の料金表です。

中国、台湾、フィリピン、ベトナムなどの国籍の方の申請件数が当事務所では多くおられますが、日本に来日された後、帰化申請の要件を満たして申請されることとなります

以下の報酬額には、書類の作成、公文書の収集費用、交通費、通信費など日本国籍を取得できるまでの全ての経費を含んだサービス料金となっています。

ただし、多くの国籍の方の申請で、申請人の本国で取得いただく書類などもあります。

その場合には、ご自身や本国在住のご親族の方などがご準備いただき翻訳をお願いする場合があります。

たとえば、

  • 中国国籍の方の公証書
  • 台湾国籍の方の戸籍謄本
  • フィリピンやベトナム本国の家族関係の証明書

などは、本国のご親族などに取得代行をいただく必要があります。

また、韓国語、中国語、英語の文書については、当事務所で翻訳を行いますが、それ以外の言語で書かれた文書については翻訳もお願いいたします。
※翻訳会社をご紹介することも可能です。

特別永住者以外の方 報酬額
会社員(サラリーマン)世帯の方 140,000円(税込154,000円)~
個人事業主・会社役員世帯の方  160,000円(税込174,000円)~
  1. 同居人や同居人申請者の人数、経営する会社の数などの状況により報酬額に加算がつく場合があります。
  2. 各行政庁の証明書取得などの実費も含めての報酬額となります。
  3. 韓国語、中国語、英語の翻訳は当事務所で行います。
  4. 京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県からのご依頼の場合は交通費は原則として不要です。
    ただし、遠方の申請の場合には事前にご相談させていただく場合があります。

事務所によっては、事務手数料、通信費、交通費、日当などの費用を別途請求する所もあるようですが、当事務所では上記報酬額以外をご請求することは一切ありませんのでご安心ください。

▲詳しくは上の画像をクリックください。

報酬額のお支払方法

帰化申請サポートをご利用いただいた場合、業務着手時に報酬総額の半金、申請書類が受理された時点で報酬残金をお支払いいただいております。

お支払いは、原則として当事務所指定の銀行口座へのお振込みをお願いしております。

割引について

家族で同時に申請する場合や申請者が未成年である場合には、割引を実施しています。

加算について

申請人に申請をしない同居人がおられる場合や複数の会社を経営しておられる場合には、報酬額への加算があります。

韓国戸籍(証明書)取得・翻訳サービス

▲詳しくは上の画像をクリックください。

以下のサービスは、韓国戸籍(証明書)に限ったサービスとなります。

その他の国籍の方の証明については取り扱っておりませんので、ご了承ください。

サービス 報酬額(税込)
韓国文書翻訳サービス 一ページごとに3,300円
韓国文書取得サービス 一部取得するごとに1,650円

※帰化申請サポートをご依頼いただいた場合、韓国戸籍(証明書)の取得にかかる費用、翻訳費用は別途必要になることはありません。あくまで、取得・翻訳のみを代行する場合の料金表となります。

韓国戸籍(証明書)の取得について

帰化申請者の家族状況により、以下の書類のいずれかが取得し、翻訳した後に法務局へ提出する必要があります。

  1. 家族関係証明書
  2. 基本証明書
  3. 婚姻関係証明書
  4. 入養関係証明書
  5. 親養子入養関係証明書
  6. 除籍謄本

上記の各証明書を1枚取得するごとに1枚 /1,650円、翻訳するごとに1枚/3,300円でのサービスとなります。

韓国の除籍謄本について

各証明書のみでは、親族関係を明らかにできない場合などに、除籍謄本が必要となってきますが、各証明書は1枚ものの証明書となっていますが、前制度の除籍謄本を取得すると、数枚にわたって綴られたものとなっています。

ですので、韓国文書の翻訳代行サービスでは、翻訳費用として除籍謄本は綴りの各ページごとに課金することとなります。

また、韓国戸籍の取得代行サービスでは、一綴りとなったものを一枚として課金させていただきます。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

帰化申請のあらゆるご相談について、お気軽にご連絡ください。

その他の許認可申請について

その他の許認可申請についてお調べの方は、ひかり行政書士法人の総合サイト「許認可.net」もぜひご覧ください。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る