動機書の書き方

動機書とは?

帰化申請の必要書類の中に、帰化の動機書という書類があります。

そのものずばりなのですが、帰化を考えられた理由や日本国籍を取得したいという思いを記載する書類となります。

動機書は、申請者が直筆で記載する必要がありますが、15歳未満の方は免除されています。

具体的にどのようなことを書いたらよいのか、多くの申請者の方が迷われる書類でもありますので、具体的に確認していきましょう。

書き方のポイント

ポイントとして、以下の①~⑥の項目などに気を付けながら、記載していけばスムーズに動機書が書けるはずだと思います。

① 生い立ち

ご自身の国籍、いつどこで生まれたかについて記載しましょう。

また、幼少期に本国でどのような生活をされていたか、日本についてどのようなイメージがあったか、日本に影響を受けたものなどがあれば、記載しましょう。

②  経歴や生活の状況

学生時代に何を学んできたのかや、社会人であれば、職場環境や仕事のやりがいなどを記載しましょう。

また、ご自身の経歴の中で、前科や交通違反などがあれば、反省している旨も含まて、隠さずにしっかり記載しましょう。

その他、納税の義務や年金の納付などもしていること、日本の法律や法令をしっかり守っていることも記載しましょう。

③ 家庭の状況

ご結婚されている方やお子さんがおられる方であれば、家庭が円満であるかどうかや、日本での生活にご家族が溶け込んでいるのかについても記載しましょう。

ご家族の進学や就職、結婚などの状況についても記載しておきましょう。

④ 日本の社会と自分

申請者の方が、日本での生活や社会に定着していることや、本国に帰る意思がなく日本での永住を望んでいることを記載しましょう。

④ 帰化申請を決意した理由

これまでの経歴や日本で影響を受けたもの、ご家族の帰化申請への理解などを踏まえて、なぜ日本国籍を取得したいと思ったのかやそう思ったきっかけなどについて記載しましょう。

帰化申請は国籍を変えるという申請者の方にとって、非常に大きな申請ですので、ここはしっかり熱意をもって理由を書きたいところですよね。

.....帰化の理由として、日本のパスポートが便利だからなどの理由はあまりよろしくははないとは思います。

⑤ 将来の目標

無事、日本国籍を取得できた後に、日本で将来何をしたいのかやどのような生活を営みたいのかについて記載しましょう。

日本国籍を取得したからこそできることなどもあれば、記載しましょう。

⑥ 帰化に対する強い希望

何をもっても、絶対にきかしたいという強い決意があることを記載しましょう。

いくら記載してもしすぎるということはないので、ありったけの思いを動機書にぶつけてしまってください!!

動機書の記載例

最後に動機書の記載例を例示しておきます。

ただし、この通り書けばいいというものではありません。

申請者の方それぞれに申請を決意された個別の理由があるはずですから、じっくりご自身で作成してくださいね。

帰化の動機書(例)

申請者 ○○○

私は、○○国△△市生まれの在日○○人です。

日本の大学を卒業し、会社の経理事務職を経て、現在、主婦をしています。

この間に、日本人「□□□」と結婚できまして、とても幸せな生活を営んでいます。

私は、夫と今後生まれてくる子供のためにも日本に永住したいと考えています。

私は将来、自宅を改装して家族や知人・友人が気軽に集まれる小さなカフェをしたいと考えています。

私は夫と円満に暮らしており、夫の両親や知人・友人ともとても仲良く、日本になじんで生活しているため、今後本国に帰る気持ちはありません。

したがって、私は夫と今後生まれてくる子供のためにもぜひ帰化をしたいと希望しています。

どうか許可のほどをよろしくお願いいたします。

平成  年  月  日
申請者 ○○

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る