初回相談は無料です。帰化申請でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

帰化申請サポート

非常に大変な帰化申請手続き

特別永住者の方は、他の在留資格の方よりも帰化申請の要件が緩和されている部分があり、審査の上でも優遇されています。

それでも、自分で帰化申請を行おうとすると、帰化の要件の確認、たくさんの書類の収集、法務局へ何度も足を運ぶなど、思った以上に手間がかかる手続きとなっています。

帰化申請を自分で行うのは難しいとお感じになっておられる方も多いのではないでしょうか。

ひかり行政書士法人の帰化申請サポート(特別永住者)

帰化申請専門の行政書士が日本国籍取得をサポート

ひかり行政書士法人では、帰化をお考えの特別永住者の方に、帰化申請手続の全てをサポートするサービスを提供しています。

申請書類の作成・必要書類の収集・申請時の面接対応コンサルティング・許可後の諸手続までお客様の帰化申請をフルサポートさせていただきます。

ご相談は平日の夜間・土日・休日であっても、事前にご予約いただければ対応いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

初回相談は無料です。帰化申請でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

ひかり行政書士法人の帰化申請サポート(特別永住者以外)

就労ビザや永住ビザで日本に住んでいる方

経営管理、技術・人文知識・国際業務、日本人の配偶者等、永住などのさまざまな在留資格をもって、日本に住んでおられる外国人の方がたくさんおられます。

非常に時間と手間のかかる帰化申請手続きですが、本来の在留活動を行いながら、手続きを自分で行うのは難しいとお感じになっておられる方も多いのではないでしょうか。

ひかり行政書士法人の帰化申請サポート(特別永住者以外)

帰化申請専門の行政書士が日本国籍取得をサポート

ひかり行政書士法人では、帰化をお考えのさまざまな在留資格の方に、帰化申請手続の全てをサポートするサービスを提供しています。

申請書類の作成・必要書類の収集・申請時の面接対応コンサルティング・許可後の諸手続までお客様の帰化申請をフルサポートさせていただきます。

ご相談は平日の夜間・土日・休日であっても、事前にご予約いただければ対応いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

初回相談は無料です。帰化申請でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

ひかり行政書士法人の韓国戸籍取得・翻訳サービス

韓国証明書と除籍謄本

在日韓国人の方の帰化申請や相続手続きの際に必要書類となっていた韓国戸籍謄本に代わって、2008年1月から、家族関係登録制度による証明書の取得が必要となりました。

韓国文書は在日本韓国領事館で取得することになりますが、混雑していることも多く、日本の各種手続きでは翻訳文が必要となるなど、取得・翻訳には時間と労力が必要となります。

韓国文書取得・翻訳サービス

必要な韓国文書の取得と翻訳を代行します。

相続手続きや帰化申請、国際結婚の手続きなどで韓国証明書や除籍謄本の添付が必要となりますが、お客様の各種手続きに必要となる韓国文書を取得・翻訳を行い、翻訳証明書を発行します。

ご相談は平日の夜間・土日・休日であっても、事前にご予約いただければ対応いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

初回相談は無料です。帰化申請の手続きでお困りの方はご相談ください。
初回相談は無料です。帰化申請でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

事務所のご案内

ひかり行政書士法人では、経験豊富な帰化申請の専門スタッフがさまざまな国籍の方の帰化申請を年間100名以上サポートさせていただいています。

韓国、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、イランなど様々な国籍の方の帰化申請をお手伝いしてきました。

また京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫など関西一円はもとより、東京、神奈川、千葉、愛知、三重、福岡などでも許可実績があります。

当事務所には、帰化申請に対する様々なノウハウと許可実績がありますので、帰化申請に関することであれば、どのようなことでもご連絡いただければと思います。

ぜひお気軽にご相談ください。


所在地:京都市左京区聖護院蓮華蔵町51番地1

最寄駅:京阪鴨東線・丸太町駅から徒歩5分

電話番号:075-752-7350

サービス対象エリア:全国一円

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る