帰化と永住の違い

帰化と永住は何がちがうの?

まず大きな違いとしては、以下の違いがあります。

帰化は、外国人の方が日本の国籍を取得して、日本人になることをいいます。

一方で永住は、外国人の方が自分の国籍はそのままで、日本で永住することができる在留資格のことをいいます。

手続きの違い

帰化申請の申請窓口は、法務局なのに対して、永住許可申請は入国管理局への申請となります。

要件と審査期間

帰化申請 永住許可申請
申請先 法務局 入国管理局
要件 5年以上日本に住んでおり、そのうち3年以上は就労できる在留資格であること 10年以上日本に住んでおり、そのうち5年以上は就労できる在留資格であること
審査期間 10か月~1年 6か月

その他の違い

帰化と永住では活動の制限に違いはありませんので、就労についての制限などはありません。

ただし、永住ビザでは、公務員などの日本国籍を有する方しかなれない職業に付くことはできませんし、外国人登録や日本から国外へ行かれる際には再入国手続も原則として必要となります。

また、日本人ではないため参政権もありません。

逆に帰化を行った場合は、日本人となりますので、外国人登録や再入国手続は必要ありませんし、参政権も当然有していますが、従前の母国に入国するには、日本人としての渡航手続が必要になります。

日本に長く住んでいる外国人の方にとって、「日本人として日本に住み続けること」と「外国人として日本に住み続けること」の違いは重要な問題であると思いますので、十分に違いを理解してから選択されることをお勧めしています。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る