ご依頼の方法

ご依頼の方法と流れ

当事務所へのお客様からのご依頼と申請業務の完了までは以下のようになります。

無料相談の申し込み

メールフォームまたは直接お電話075-752-7350にてお問い合わせ下さい。

面談による無料相談は、当事務所の応接室または当事務所からご自宅などへ訪問させていただくことも可能です。
帰化申請サポートご依頼の流れ

無料相談

国籍、在留資格、現在の状況などについてリラックスしてお話ください。

ご相談内容をお聞きした上で、帰化申請が可能かどうかの判断や申請の要件、必要書類、申請スケジュールなどのご説明、当事務所へご依頼いただける場合のお見積もりを行います。

また、ご家族全員などの複数でのご依頼をお考えの場合などで、お見積もりをご希望の方もお気軽にご相談ください。

また、個人情報保護にも努めていますのでご安心してご相談ください。
※行政書士には法律で業務上知り得た内容について守秘義務が課せられています。
帰化申請サポートご依頼の流れ

ご依頼

無料相談の結果、当事務所のサポートが必要と判断いただいた場合にご依頼ください。

帰化に必要な手続きの全てについてサポートさせていただきます。
帰化申請サポートご依頼の流れ

申請書類の作成および収集

当事務所が必要書類の収集・作成を開始し、お客様にご用意いただく書類(給与明細や決算書)もこの時期にご準備いただきます。
帰化申請サポートご依頼の流れ

法務局への申請

当事務所の準備が整い次第、法務局での事前点検を行い、受理可能と判断されれば、お客様のご都合の良い日時で申請日を取り決めた上で申請となります。

申請は必ず本人が行う必要があり、代理申請は認められていませんが、申請には当事務所も必ず同行しますのでご安心下さい。
帰化申請サポートご依頼の流れ

中間面接

申請が受け付けられてから、約4~6ヶ月後、法務局からお客様へ面接を行いたい旨の連絡がなされます。
※国籍や管轄の法務局により期間は異なります。

面談前のアドバイスもいたしますので、リラックスして臨んでください。

また、面談の際、追加書類等を求められた場合は、当事務所が速やかにご準備いたします。
帰化申請サポートご依頼の流れ

許可通知

最初に申請した時点から約8ヶ月~1年程度の期間の後に許可となります。
※国籍や申請状況により期間は異なります。

法務局で帰化許可者の身分証明書(許可通知)をもらい、住所地を管轄する市町村で帰化届の提出を行うことで、日本人としての戸籍・住民票が作成されます。

約1週間程度で戸籍ができますので、その後日本国籍のパスポート作成なども可能となります。

当事務所に依頼するメリット

帰化申請に対する実績

ひかり行政書士法人では、年間100名以上の帰化申請のサポートをさせていただいています。

当事務所は京都府内においては、本局、宇治支局、園部支局、福知山支局、舞鶴支局など全ての管轄で申請実績と許可実績があります。

また、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県など関西一円はもとより、東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、三重県、福岡県など全国での許可実績があります。

帰化申請はどうしても各都道府県ごとの法務局によってローカルルールがありますが、これまでの多岐にわたる実績により、あらゆる申請に対応することが可能です。

また、国籍についても、韓国籍、中国籍、台湾籍を始め、ベトナム、フィリピン、イランなど様々な国籍の方の帰化申請をお手伝いしてきました。

当事務所には、帰化申請に対する様々なノウハウと許可実績があります。

明瞭な料金体系

ひかり行政書士法人では、事前のご相談などで料金が発生することはありません。

お客様から当事務所への正式のご依頼をいただいた後に、はじめて当事務所の報酬が発生します。

提示している報酬額については、書類作成費用や公文書の取得にかかる費用、交通費、通信費などを全て含めた料金となっております。
※韓国籍の方は、韓国書類の収集及び翻訳費用も報酬額に含みます。
※関西圏以外など遠方の場合には、交通費が必要な場合もありますが、事前にご提示いたします。

また、申請後に法務局の指示により追加書類の提出を求められるケースがありますが、追加報酬などは一切いただいておりません。

審査が完了し、日本国籍を取得されるまで、当初ご提示した報酬額で最後までサポートいたします。

別ウィンドウで開きます。 ⇒ サービス・報酬額一覧

法務局へ出頭する回数を最小限に

帰化申請は提出書類も多く大変な申請です。

法務局から指示された書類を集めて、全ての書類を準備したとしても、追加書類を依頼されるなどで何度も何度も法務局へ出頭されている方も多くおられます。

その上、準備にかかる時間が長引いてしまうと、結婚などで生活環境が変化したり、準備した書類の有効期限が切れたりと、ますます申請は困難になります。

さらに、帰化申請に必要な収集書類についても、平日の忙しい時間に様々な役所へ多くの書類を取得しに時間をかける必要があります。

そのため、会社勤めの方などはなかなか時間がとれず、帰化申請を断念されるケースも多々あります。

ひかり行政書士法人へご依頼いただける場合は、申請者本人に代わって、法務局との打ち合わせ、申請書類の作成・収集の全てを行いますので、法務局へ出頭される回数は最低限で済むことになります。
※帰化申請は原則本人申請ですので、申請の際には本人が申請することが必要です。

返金保証システム

ひかり行政書士法人では、帰化申請サポートを正式依頼いただく前に、お客様との入念な打ち合わせを行います。

その結果、当事務所が許可される可能性が高いと判断した場合にご依頼いただいております。

ですので、申請後に万が一不許可となる様な場合は報酬額を全額ご返金いたします。
※これまでの申請で当事務所での不許可の事例はありません。

ただし、虚偽の申告や不利益な事実の隠蔽、交通事故での状況変化等によるお客様に責任のある不許可の場合を除きます。

当事務所では、お客様との信頼関係を構築した上でのサポートを心がけております。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る