その他の要件(思想・日本語能力)

思想要件

まず該当することはないと思いますが、テロ組織に加入していたり、過去に加わっていた人で危険な思想を持っていると判断されるような場合はは帰化することはできません。

また、民族学校に通学していた学歴や在日本大韓民国民団で役員経験や勤務していたような過去がある場合に、帰化が可能かどうかを気にされる方がおられます。

これまでの当事務所の事例では問題なく帰化の許可が下りています。

日本語能力要件

この要件は条文に規定されているわけではありませんが、「小学校3年生程度の読み書き」が一応の基準となっています。

その理由としては、帰化をすると日本人としての権利・義務が発生します。

選挙権など日本人の権利・義務を行使するためにはある程度日本人と同じことができる日本語の能力が必要となるためでもあります。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る