帰化の国籍要件

国籍の喪失要件

日本では二重国籍は認められていないため、帰化して日本国籍を取得すると母国の国籍は失われてしまいます。

韓国等の多くの国では、自国民が他国へ帰化すると当然に自国での国籍は失われるということになっていますが、フィリピンやベトナムのように帰化の許可が下りた後に国籍離脱の手続きが必要となる国もあります。

また、中にはベルギー・ブラジル・インドのように未成年については喪失を認めない国もあります。

さらに、日本ではあまりないでしょうが、「難民」のように国籍の離脱手続自体ができない場合もあります。

そこで、日本国民との親族関係や境遇において特別の事情があると認められるときには、この要件を満たさなくても構わないとされています。

例えば、帰化申請者が日本人の配偶者や子供である場合などは、この要件が不要となる場合もあります。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る