勤務先等から取得する書類

勤務先や経営している法人で準備する必要がある書類は、主に以下の通りとなります。

必要書類一覧

給与明細・在勤給与証明

申請前一ヶ月分の給与明細のみで良い場合もありますが、会社から在勤給与証明を発行してもらう必要がある場合があります。

給与所得の源泉徴収票、源泉徴収簿及び納付書

源泉徴収票は申請の前1年分が必要となります。

法人経営者の場合は、申請の前1年分の源泉徴収簿や納付書が必要になります。

所得税の確定申告書又は決算報告書の写し

申請者や同居人が、以下のいずれかの場合には、確定申告書や決算報告書の提出が必要になります。

 ①サラリーマンで2箇所以上の勤務先から給与をもらっている人
 ②サラリーマンでもみずから確定申告をしている人
 ③個人事業主や法人経営者などの事業経営者

事業経営者のその他の必要書類

給与所得者(サラリーマン)よりも事業経営者の場合が多くの書類おの提出が必要となります。

必要となる書類には、以下のものなどがあります。

法人登記簿謄本

法人を経営している場合、法人の登記簿謄本を提出する必要があります。

営業許可書や許認可証明書

許認可の必要な事業の場合には、許可証の写しや許可証明書を提出する必要があります。

会社所有の「土地登記簿謄本」「建物登記簿謄本」又賃貸借契約書

会社が所有者となっている土地や建物がある場合には、土地・建物の登記簿謄本、賃貸している場合には賃貸借契約書の写しなどを提出します。

所得税や社会保険の領収証、各種納税証明書等

税金や年金の領収証、法人税・事業税などの納税証明書などが必要となります。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る