帰化許可後の手続等

帰化が許可されると、その後いろいろな手続を行う必要があります。

主な手続は、以下の通りとなります。

帰化の届出

帰化が許可されると、法務局から身分証明書が交付されます。

1ヶ月以内に身分証明書を添付して、現居住地または新たに定めた本籍地の市町村役場へ「帰化の届出」を提出しなければなりません。

その後、1週間程度で、「戸籍謄本」を取得することができます。

在留カード(又は特別永住者証明書)の返納

帰化の許可が下り、外国人ではなくなりましたので、在留カード(又は特別永住者証明書)を入国管理局へ返納する必要があります。許可が下りた日から14日以内に返納します。

その他の手続き

・運転免許証やパスポートなどの各種公的書類の変更や取得が必要となります。
・不動産の名義や自動車の名義などの変更が必要な場合は行います。
・母国の国籍喪失手続が必要な場合は行います。

ひかり行政書士法人では、許可が下りるまでだけがサポートと考えておりません。

許可後のアフターケアについても無料でサポートさせていただいております。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る