帰化申請後の注意点

申請後の注意事項

申請を行った後、許可が下りるまでの間に、次の事項に変更があった場合には、法務局の担当官に連絡する必要があります。

1 住所又は連絡先が変わったとき
2 婚姻・離婚・出生・死亡・養子縁組・離縁など身分関係に変動があったとき
3 在留資格や在留期間が変わったとき
4 日本からの出国予定が生じたとき及び再入国したとき ★注1
5 勤務先等が変わったとき
6 帰化許可申請書に記載済みの帰化後の本籍・氏名を変更しようとするとき
7 罪を犯した(交通違反を含む)とき ★注2

その他の注意点

★注1
海外旅行等で出国する場合は、原則として帰化の審査に影響はないのですが、申請後にあまりにも長期間の出国などは審査に影響を及ぼす可能性があります。

申請後の一ヶ月以上の出国などはあまり好ましくありません。

★注2
交通違反等をしてしまったときには、法務局へ報告する必要があります。

軽微な事故であれば、それほど問題にはなりませんが、大事故を引き起こしてしまった場合などは帰化申請への影響も大きくなります。

申請後には、細心の注意をもって、運転をされるべきです。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る