帰化の要件

帰化の7つの要件

帰化申請が審査の対象になるためには、下記の7つの条件を満たす必要があります。

詳しくは各ページに詳細がありますので、左のサイドバー「帰化申請の要件」若しくは各項のリンクから各項目をご参照ください。

  1. 「住居要件」 継続して5年以上日本に住所があること
  2. 「能力要件」 20歳以上であること
  3. 「素行要件」 素行が善良であること
  4. 「生計要件」 自己や配偶者によって生計を営むことが可能であること
  5. 「国籍要件」 帰化する際に、母国の国籍を失効できること
  6. 「思想要件」 テロ行為を企てるなどの危険な思想を持っていないこと
  7. 「日本語能力」日本語の読み書きができること ※小学校低学年の読み書きのレベル

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る