サービス・報酬額一覧

書類作成・取得書類・戸籍の翻訳・申請後のサポートなど、業務をご依頼されてから許可報告までの全てのサポートを行います。

特別永住者の方(在日韓国人の方)

特別永住資格によって、日本に在留しておられる方の特別価格の料金表です。

以下の報酬額には、書類の作成、公文書の収集費用、翻訳費用、交通費、通信費など日本国籍を取得できるまでの全ての経費を含んだサービス料金となっています。

事務所によっては、翻訳手数料や事務手数料、通信費などの費用を別途請求する所もあるようですが、当法人では下記報酬額以外をご請求することは一切ありませんので、ご安心ください。

特別永住者 報酬額(税抜き)
会社員(サラリーマン)世帯の方 特別価格:110,000円~
個人事業主世帯の方 特別価格:130,000円~
会社役員世帯の方 特別価格:130,000円~
①証明書や除籍謄本の翻訳にかかる費用や各行政庁の証明書取得などの実費も含めての報酬額となります。
②京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県からのご依頼の場合は交通費は不要です。

特別永住者以外の方(中国、台湾、フィリピン、ベトナム、その他の国籍の方など)

特別永住資格以外の在留資格で日本で生活されておられる方の料金表です。

以下の報酬額には、書類の作成、公文書の収集費用、交通費、通信費など日本国籍を取得できるまでの全ての経費を含んだサービス料金となっています。

中国国籍の方 中国本国で取得いただく公証書については、ご本人で準備いただく必要があります。
台湾国籍の方 台湾本国で取得いただく戸籍謄本については、ご本人で準備いただく必要があります。
フィリピン国籍の方 フィリピン本国の証明書関係をご本人で準備いただく必要があります。
ベトナム国籍の方 ベトナム本国の証明書関係をご本人で準備いただく必要があります。

事務所によっては、事務手数料、通信費などの費用を別途請求する所もあるようですが、当法人では下記報酬額以外をご請求することは一切ありませんので、ご安心ください。

特別永住者以外の方 報酬額(税抜き)
会社員(サラリーマン)世帯の方 130,000円~
個人事業主世帯の方 150,000円~
会社役員世帯の方 150,000円~
①各行政庁の証明書取得などの実費も含めての報酬額となります。
②京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県からのご依頼の場合は交通費は不要です。

同居のご親族がおられる場合・法人を複数経営されている場合

申請者様に同居人がおられる場合や法人を複数経営されている場合は、以下の通りに報酬額に加算があります。

同居人がおられる場合

同居人1名ごとに30,000円~が報酬額に加算されます。
※無職、会社員、会社役員などの状況に応じて、お見積りいたします。
※ただし、15歳未満の方については加算はありません。

法人を複数経営されている場合

二法人目より一法人ごとに30,000円が報酬額に加算されます。 ※個人事業と法人の両方を経営されているような場合も加算となります。

家族同時申請の割引について

同居の親族や家族全員などで同時に帰化申請をお考えの場合は、大幅な割引をいたします。

親族間で同時に帰化申請を行う場合でも、帰化は個人ごとに要件を満たす必要があるので、必要書類はそれぞれ異なります。

ですが、同居の場合や勤務関係の状況によっては、同一の添付書類を必要とする場合もあり、親族間での同時での申請はとても効率的な申請となることもあります。

当法人でも、その部分を考慮して大幅な割引を実施していますので、お見積り等ご必要でしたら、お気軽にご相談ください。

報酬額のお支払方法

業務着手時に、報酬総額の半金をお預かりいたします。

申請日が決定した際に、報酬残金のご請求書を発行いたします。

ご請求書は、お渡しした後、1週間以内のお支払をお願いいたします。

韓国戸籍(証明書)取得・翻訳サービス

以下のサービスは、韓国戸籍(証明書)に限ったサービスとなりますので、ご了承ください。

サービス 報酬額(税抜き)
韓国文書翻訳代行サービス 枚/3,000円
韓国文書取得代行サービス 枚/1,500円

※帰化許可申請サポートをご依頼いただいた場合、韓国戸籍(証明書)の取得にかかる費用、翻訳費用は別途必要になることはありません。あくまで、取得・翻訳のみを代行する場合の料金表となっています。

韓国戸籍(証明書)の取得について

在日韓国人の方が帰化申請の際に必要であった韓国戸籍謄本に代わって、2008年1月から、家族関係登録制度による証明書の発給が必要となりました。

帰化申請者の家族状況により、以下の書類のいずれかが取得し、翻訳した後に法務局へ提出する必要があります。

  1. 家族関係証明書
  2. 基本証明書
  3. 婚姻関係証明書
  4. 入養関係証明書
  5. 親養子入養関係証明書
  6. 除籍謄本

上記の各証明書を1枚取得するごとに1枚 /1,500円、翻訳するごとに1枚/3,000円でのサービスとなります。

韓国の除籍謄本について

各証明書のみでは、親族関係を明らかにできない場合などに、除籍謄本が必要となってきますが、各証明書は1枚ものの証明書となっていますが、前制度の除籍謄本を取得すると、数枚にわたって綴られたものとなっています。

ですので、韓国文書の翻訳代行サービスでは、翻訳費用として除籍謄本は綴りの各ページごとに課金することとなります。

また、韓国戸籍の取得代行サービスでは、一綴りとなったものを一枚として課金させていただきます。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る