当事務所に依頼するメリット

帰化申請に対する実績

ひかり行政書士法人では、年間100名以上の帰化申請のサポートをさせていただいています。

京都府内においても、本局、宇治支局、園部支局、福知山支局、舞鶴支局など全ての管轄で申請実績と許可実績がありますし、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県など関西一円はもとより、東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、三重県などでも許可実績があります。

帰化申請はどうしても各都道府県ごとにローカルルールがありますが、これまでの多岐にわたる実績により、あらゆる申請内容に対応することが可能です。

また、国籍についても、韓国籍、中国籍、台湾籍を始め、ベトナム、フィリピン、イランなど様々な国籍の方の帰化申請をお手伝いしてきました。

当法人には、帰化申請に対する様々なノウハウと許可実績があります。

明瞭な料金体系

ひかり行政書士法人では、事前のご相談等で料金が発生することはありません。

お客様から、当法人への正式のご依頼をいただいた後、初めて当法人の報酬が発生します。

また、提示しているサービス料金は、書類作成費用や公文書の取得にかかる費用、交通費、通信費などを全て含めた料金となっております。※韓国籍の方は、韓国書類の収集及び翻訳費用も含みます。

さらに、いったん申請した後に、法務局の指示により追加書類の提出を求められるケースがありますが、当事務所では追加の書類作成や資料の収集が発生しても、追加報酬などは一切いただいておりません。

審査が完了し、日本国籍を取得されるまで、当初ご提示した報酬額で最後までサポートいたします。

別ウィンドウで開きます。 ⇒ サービス・報酬額一覧

法務局へ出頭する回数を最小限に

帰化申請は、提出書類も多く、大変な申請です。

法務局から指示された書類を集めて、全ての書類を準備したとしても、追加書類を依頼されるなどで何度も何度も法務局へ出頭されている方も多くおられます。

その上、帰化申請にかかる時間が長引いてしまうと、結婚などで生活環境が変化したり、提出した書類の有効期限が切れたりとますます帰化申請は困難になります。

また、法務局での帰化申請の受付は、平日のみです。

さらに、帰化申請に必要な収集書類についても、平日の忙しい時間に様々な役所へ様々な書類を取得しに出かける必要があります。

そのため、会社員の方や経営者の方はなかなか時間がとれず、帰化申請を断念されるケースも多々あります。

ですが、ひかり行政書士法人へご依頼いただける場合は、申請者本人に代わって書類の作成・収集を行い、法務局との折衝も行います。

その結果、法務局へ出頭される回数は最低限で済むことになります。
※帰化申請は原則本人申請ですので、申請の際には本人が出頭することが必要です。

返金保証システム

当法人では、帰化申請サポートを正式依頼いただく前に、お客様との入念な打ち合わせを行います。

その結果、当法人が許可される可能性が高いと判断した場合にご依頼いただいております。

ですので、申請後に、万が一不許可となる様な場合は報酬額を全額ご返金いたします。
※これまでの申請で、当法人での不許可の事例はありません。

ただし、虚偽の申告や不利益な事実の隠蔽、交通事故での状況変化等によるお客様に責任のある不許可の場合を除きます。

当法人では、お客様との信頼関係を構築した上でのサポートを心がけております。

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る