帰化と永住の違い

帰化許可申請と永住許可申請の違い

大きな違いは、まずは以下の通りとなります。

「帰化」は、外国人の方が日本の国籍を取得し、日本人になることです。
「永住」は、外国人の方が国籍はそのままで日本に永久に住めるビザ(在留資格)です。

また、申請窓口も帰化が法務局への申請なのに対して、永住は入国管理局へビザ取得の申請を行う必要があります。

その他の違い

帰化と永住では活動の制限に違いはありませんので、就労についての制限などはありません。

ただし、永住ビザでは、公務員などの日本国籍を有する方しかなれない職業に付くことはできませんし、外国人登録や日本から国外へ行かれる際には再入国手続も原則として必要となります。

また、日本人ではないため、参政権もありません。

逆に帰化を行った場合は、日本人となりますので、外国人登録や再入国手続は必要ありませんし、参政権も当然有していますが、従前の母国に入国するには、日本人としての渡航手続が必要になります。

日本に長く住んでいる外国人の方にとって、「日本人として日本に住み続けること」と「外国人として日本に住み続けること」の違いは重要な問題であると思いますので、十分に違いを理解してから選択されることをお勧めしています。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る