韓国国籍:家族関係登録制度

韓国・家族関係登録制度の新設

2008年1月1日から「家族関係の登録に関する法律附則第3条1項」施行により韓国の戸籍制度が廃止され、家族関係登録制度が新設されています。

家族関係登録制度の新設により、下記の点が変更されることとなりました。

・戸主を中心として家単位だったものが、個人別に家族関係登録簿が作成されています。
・本籍が廃止され、本籍欄には登録基準地として従前の本籍が記載されています。

本籍概念が廃止されたことにより、家族が同一の登録基準地(本籍)を持つ必要はなく、家族構成員が自由に変更することが可能になりました。

各種証明書について

以前の帰化申請では、戸籍謄本を取得することにより、父母、出生、婚姻・離婚、配偶者、養子縁組などの事実関係を証明していましたが、現在は、必要に応じて各種証明書を請求する必要があります。

また、帰化申請の実務上としては、各種証明書だけでは足りず、従前の戸籍制度の戸籍謄本(除籍謄本)の取得も必要となるケースも多々あります。

家族関係証明書

本人、父母、配偶者、子女に関する人的事項の証明

基本証明書

本人の出生、死亡、改名等の改名などの人的事項の証明

婚姻関係証明書

配偶者の基本的事項や本人の婚姻・離婚に関する事項の証明

入養関係証明書(養子縁組)

養父母または養子の基本的事項や養子縁組・離縁に関する事項の証明

親養子縁組関係証明書

親養子入養(日本での特別養子縁組に近い)に関する事項の証明

除籍謄本

従前の戸籍制度の時代の戸籍が、現在は「除籍謄本」となって、韓国領事館で取得することが可能です。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る