本国の証明書を集める方法

本国からの取り寄せ

身分関係を証明するために、本国(申請者の母国)の戸籍謄本等の各種証明書を取得する必要があります。

ここでは、韓国、台湾、中国の例を紹介します。

韓国

2008年1月1日に戸籍法が廃止され、家族関係登録制度が施行されました。

詳しくは、「韓国国籍:家族関係登録制度」をご覧ください。

台湾

台湾は、日本の戸籍と住民票と履歴書がミックスしたような形態の戸籍となっています。

原則として、国外からの郵便による取り寄せはできず、本人もしくは親族が台湾国内の戸籍事務所に行き、取得する必要があります。

中国

中国は戸籍制度がないため、各種公証書を中国で取得し、提出する必要があります。

出生公証書、結婚公証書、死亡公証書、親族公証書などを提出することで、身分関係を証明する書類として認められます。

また、日本生まれの中国籍の方は、本国に登録がないことも多く、日本の中国領事館で、親族公証書を発行してもらい、添付書類とする場合もあります。

詳しくは、「中国国籍:公証書制度」をご覧ください。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請についてのお問合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る